AssetFinder Cloud(アセットファインダークラウド) 好評稼働中!

AssetFinder – 機能

USBメモリ使用履歴(ログ)管理

Traventy 3 / TRAVENTY SuperVisionシリーズUSBメモリは使用履歴をAssetFinderに送信します。
管理者は送信された情報をもとに豊富な検索条件を利用しUSBメモリの利用状況の管理を行うことが可能です。

取得可能な履歴(ログ)情報

■操作PC状況
      • IPアドレス
        (グローバル/ローカル*)
      • MACアドレス *
      • コンピュータ名*
      • ログインユーザ名 *
      • USB個別ID
      • USBシリアル番号
      • 個人識別情報
      • 利用日時

    *印は取得有無の選択が可能

■USBメモリ操作
    • 認証プログラムの実行
    • パスワード認証成功/失敗
    • 無効化設定によるロック
    • 無効化設定による初期化
    • 設定期限内未使用によるロック
    • Autorun.inf自動削除/失敗
■TMUSB
    • アクティベーションの実施
    • スキャンの実施
    • パターンファイルの更新
    • ウイルスの検知

※ オフラインPCでの利用時はローカルIPアドレス、MACアドレスの取得はできません。
※ TMUSB1.3は本機能に対応していません。

MEMO
「SV機能利用ライセンス」をご利用いただくと、”ファイル操作履歴”も収集可能になります。SV機能利用ライセンス

未使用者検索機能


指定した期間中に使用されていないUSBメモリを検索することが出来ます。利用頻度の低いUSBメモリを他部署に回すことで資産を有効活用することが出来るだけでなく、紛失・盗難の恐れのあるUSBメモリを特定することが出来ます。

リモート停止/消去機能

  • 紛失/盗難時にデータを完全削除
  • 紛失/盗難時にUSBメモリ利用を停止

棚卸し機能

ネットを通し定期的な棚卸しチェックが可能

台帳管理機能

  • 利用者一覧
  • 未使用者検索

TMUSBパターンファイル更新状況の確認

AssetFinderで管理するTraventy 3 / TRAVENTY V SuperVisionがTrend Micro USB Security™を使用していた場合、パターンファイルの更新状況を一覧で確認することが可能です。
更新状況はCSV形式でのファイル出力も行えます。
※ TMUSB1.3は本機能に対応していません。

ファイル操作履歴の取得

USBメモリ本体の秘匿領域に操作ログを自動記録します。

  • 自動ログ送信
  • ソフトウェアのインストール不要で取得可能
  • 約10,000回の操作プロセスを蓄積可能
  • 利用者によるログ情報の閲覧・削除は不可

※ SV機能はMac OSには対応していません

※ SV機能はオプション機能です。ご利用の際には別途SV機能月額利用ライセンスのご購入が必要です。

オプションのSV機能を利用することで、USBメモリ内の秘匿領域にUSBメモリ内のファイル操作プロセスを自動記録します。 蓄積されたログ情報は、AssetFinderと通信可能なPCに接続した際、自動的にサーバに送信し削除されます。
詳細な機能についてはこちらをご覧ください。

参考 SV機能月額利用ライセンス

履歴(ログ)の検索・閲覧

収集したログ情報はAssetFinderサーバに蓄積され必要に応じて検索・閲覧が可能です。予め社内PCを登録しておくことで、ログ情報を社内・社外で色分けして管理することも可能です。
ログ情報はCSV形式でのファイル出力も行えます。