AssetFinder Cloud(アセットファインダークラウド) 好評稼働中!

クラウドで実現する

USBメモリの運用管理

「Traventy 3」専用資産管理ソフトウェア「AssetFinder」は、待望のクラウド版サービスを開始します。
クラウドサーバだからできる「タイムリーなログ収集」「紛失USBメモリのデータ消去」など、さらに進化したUSBメモリの情報漏えい対策・運用管理をAssetFinder Cloud で体感してください。

AssetFinder Cloud のメリット

サーバ運用コスト不要 / メンテナンス不要

クラウドサービスなので、お客様で専用サーバをご準備頂く必要はありません。

メンテナンスやソフトウェアのバージョンアップも、当社が対応します。
お客様のサーバ運用にかかるコストは一切不要です。


初期導入コスト削減

インフラ調達・構成の工数を軽減します。
アカウント申請後、すぐに利用開始できるので短期間でセキュリティ対策の構築が行えます。

リアルタイムにログを収集

インターネット環境で利用されたログは、リアルタイムにクラウドサーバに送信されます。
お客様のUSBメモリの利用履歴、ファイル操作履歴を可視化した一元管理を実現します。

紛失・盗難USBメモリのデータを 消去・ロック

万が一USBメモリの紛失・盗難が発生した場合でも、対象のUSBメモリに対し遠隔でデータ消去・ロックを実施します。
消去されたログはクラウドサーバに自動送信されるため、紛失後の状況もしっかりと把握することができます。


AssetFinderCloudの機能


台帳管理

USBメモリは、管理サーバ上で台帳管理されます。詳細なグループ設定や、メモ機能、設定・編集・削除の一括設定等、柔軟な管理が行えます。

棚卸し管理

運用負担の大きいUSBメモリの棚卸し管理を、自動化します。あらかじめ設定した棚卸し期間中に使用が確認されなかったUSBメモリは、棚卸し期限後自動的にロックがかかり使用不可となります。

利用ログ管理

USBメモリのログは、インターネットを経由しクラウドサーバに自動送信されます。オフライン環境のログはUSBメモリに保管され、次回クラウドサーバに通信可能な環境で起動された際に収集されます。

データ消去・ロック

紛失・盗難対象のUSBメモリのデータを強制削除・ロックします。クラウドサーバは無効化対象USBメモリの通信を確認した際に、データ強制削除・ロック処理を実行します

ログアーカイブ

クラウドサーバ上のログは、スケジュールされたタイミングで、自動的に削除・アーカイブ化されます。アーカイブ化された過去ログはクラウドサーバからダウンロードすることが可能です。

アカウント管理

アカウント毎に、管理対象USBメモリを登録し、対象の利用者・USBメモリの管理を分けることができます。拠点毎の管理を担当管理者に任せることで、管理負担を分散することが可能です。

ご利用までの流れ

[slide-anything id="5687"]

従来製品との比較

Good

Excellent!

製品名

AssetFinder

AssetFinder Cloud

製品タイプ

オンプレミス版

クラウド版

サーバー・インフラ調達

必要

不要

サーバー運用・メンテナンス

必要

不要

利用ログ管理

台帳管理

棚卸管理

データ消去・ロック

△※

アカウント管理

ログ自動削除・アーカイブ化

通知機能

ダッシュボード

※外部で紛失したUSBメモリのデータ消去には、
サーバーをインターネットと接続できる環境(DMZ)に構築する必要があります。

価格

初期費用、月額費用のご案内です。

初期費用

一式

200,000円

(税別)

サービス利用料

月額

200,000円

(税別)

100ライセンスまで

追加ライセンス料

月額

1,250円

(税別)

1ライセンス

※ご利用のUSBメモリ本数分のライセンス契約が必要です。

※本数によりボリュームディスカウントが適用されます。